shohin_menu_title_del
冊子らくらく見積り
冊子製本キングの制作事例
無料紙(色)見本のご請求

中綴じ製本
A4(210mm×297mm)
B5(182mm×257mm)
A5(148mm×210mm)
B6(128mm×182mm)
A6(105mm×148mm)

無線綴じ製本
A4(210mm×297mm)
B5(182mm×257mm)
A5(148mm×210mm)
B6(128mm×182mm)
A6(105mm×148mm)
ジャンルから選ぶ
一般企業の方
個人のお客さま
学校・教育関連の方

小ロットの冊子印刷
小ロット中綴じ
小ロット無線綴じ
製本について
データ作成ガイド
PDFの変換方法
テンプレート一覧
冊子の作り方
冊子印刷価格表

初めての方へ
成人向け冊子の印刷について
冊子・製本のお役立ちコラム
掛け払いはじめました
冊子製本キングスタッフ紹介

営業日カレンダー
プライバシー
弊社運営サイト


中綴じとは? どんな製本方法かページ数や冊子の特徴を解説

更新:2022年10月4日
冊子の中綴じとは?

中綴じとは、印刷した用紙を重ねて中央から二つ折りにし、折り目部分に針金や糸を通して固定する製本方法です。折り目部分を針金で綴じる方法を「針金綴じ」、糸で綴じる方法を「ミシン綴じ」と呼ぶこともあります。
中綴じは背表紙がない冊子です。また、中綴じで綴じることができるページ数は冊子製本キングの場合、針金が通る8〜52ページです。少ないページの製本ができるため、パンフレットやフリーペーパー、同人誌などの製本に使われます。
この記事では、中綴じの特徴や冊子を作る際におさえておくべきポイントを紹介します。

中綴じの冊子は印刷部数が52ページ以下の冊子を10冊以上製本する際によく使われます。
これらの冊子の製本では、共に製本方法の候補になることが多い、背表紙部分を糊で接着する製本方法である無線綴じと比較し、中綴じの方が製本しやすく、コストメリットも出やすいためです。

中綴じと無線綴じの違い

中綴じ 無線綴じ
単価(1部印刷)※1 1,572円 636円
単価(10部印刷)※2 256円 326円
背表紙 なし あり
ページ数※2 8〜52ページ 24〜500ページ
高級感
見開き使用
耐久性

※1:24ページ、A4サイズ、上質紙使用、モノクロ印刷、5日納品の価格参照
価格は冊子製本キングで製作した場合のものです。
※2:ページ数は冊子製本キングで対応可能なページ数を記載

中綴じの製本工程は、本文用紙を重ねて針金や糸で綴じるだけです。糊を使った無線綴じなどの製本方法より作業工程が少ないため、作成する部数が10部より多くなると他の方法より低予算で製本できます。

中綴じは針金や糸を使うため、8ページから綴じることができます。接着剤を使って製本する無線綴じなどは、糊代として冊子の背に厚みが必要なため24ページ以下の製本には不向きです。

中綴じは、本文用紙をあらかじめ二つ折りにしたもの綴じるため、ページを開きやすいです。写真や絵、地図など左右の見開きページ全体に配置するデザインに向いています。
また、中綴じ冊子はページを開いた状態を維持しやすいため、冊子の内容を見ながら会話をする商談中などで使用しやすいです。

中綴じの冊子は食品・教育・介護などの業界では、針金で怪我や異物混入などが起こらないよう禁止されていることがあるため注意が必要です。関連する業界に向けて冊子を作る場合は、針金を使わない無線綴じやミシン綴じでの製本を検討するとよいでしょう。

中綴じは用紙を重ねて二つ折りにして綴じるため、用紙1枚の裏表に4ページ印刷します。製本できるページ数も4の倍数です。表紙を含めると最低8ページの原稿が必要です。

全体のページ数が4の倍数にならない場合は、白紙ページの挿入やレイアウトの変更によるページ数の調整が必要です。例えば17ページの中綴じ冊子を作成する場合、3ページ分の白紙ページを挿入して20ページとします。

・小口の余白

冊子を見開いた状態の両端を「小口」と呼びます。中綴じでは用紙を重ねて二つ折りにして製本するため、内側のページに近づくにつれてページの端が外にはみ出します。
はみ出た余計な部分は断裁し、外側のページの幅と合わせて仕上げることが一般的です。この工程でページの端に書かれた文字やイラストが、一緒に切り落とされることがあります。とくに、ページの端に配置されるインデックス※3やノンブル※4などを入れている場合は位置の調整が必要です。
天地(ページの上下)と小口側のインデックスやノンブルは、仕上がり位置(断裁位置)よりも3〜5mm程度内側に配置しましょう。
※3:冊子の小口部分に色をつけて目印すること
※4:本や冊子のページ数を表す番号

・ページ端部にある画像の塗りたし

塗りたしとは、印刷サイズいっぱいまで色や写真、罫線などがデザインされた原稿で、印刷サイズの外側まで色などを伸ばしておくことです。中綴じは小口部分を断裁するため、色や写真、罫線などが印刷された部分に塗りたしを作らないと、原稿の端に白い余白ができます。
端部まできれいに印刷するために、仕上がりサイズよりも外側に3mm余裕を持った塗り足しが必要です。冊子製本キングでは、塗り足し位置が確認できるテンプレートをご用意しています。原稿を作成するソフトに合わせてご使用ください。

中綴じで綴じることができる最大ページ数は44ページ〜96ページです。業者によって綴じることができるページ数は異なります。100ページを超えるような冊子になってしまう場合は、無線綴じで綴じるようにしましょう。

中綴じの場合、用紙が厚すぎると針金や糸で固定しにくくなるため、用紙の厚みは薄手70kg※5から標準90kg程度が適しています。
例えば、会社資料や試験問題などモノクロテキスト中心の冊子の場合は、コピー用紙としても使用される上質紙が適しています。厚みは、ノート程度である70kgや、週刊誌の表紙程度の90kgがよいでしょう。切符ほどの厚さがある110kgやハガキ程度の180kgは中綴じには厚く、綴じる事ができるページ数も減ってしまいます。90kgの用紙と同じページ数を無理やり綴じると強度が落ちることもあるため、本文用紙で使用する場合はページ数などを適宜調整しましょう。

※5:印刷業界で使われる紙の厚みをあらわす連量とよばれる単位。一定の寸法の紙を1,000枚重ね合わせた時の重さのことで、紙の厚みが厚くなるほど連量は重くなる。

最後までご覧いただきありがとうございました!

“トップページに移動します”

冊子についてもっと見る ▶





会社概要[特定商取引法に関する表記][プライバシーポリシー][サービス利用規約][情報セキュリティ基本方針]