shohin_menu_title_del
冊子らくらく見積り
冊子製本キングスタッフ紹介
無料紙(色)見本のご請求

中綴じ製本
A4(210mm×297mm)
B5(182mm×257mm)
A5(148mm×210mm)
B6(128mm×182mm)
A6(105mm×148mm)

無線綴じ製本
A4(210mm×297mm)
B5(182mm×257mm)
A5(148mm×210mm)
B6(128mm×182mm)
A6(105mm×148mm)
ジャンルから選ぶ
一般企業の方
個人のお客さま
学校・教育関連の方

製本について
データ作成ガイド
PDFの変換方法
テンプレート一覧
冊子の作り方
冊子印刷価格表

初めての方へ
成人向け冊子の印刷について
冊子・製本のお役立ちコラム
掛け払いはじめました

営業日カレンダー
弊社運営サイト


印刷会社を利用したzineの作り方

更新:2021年6月17日
印刷会社を利用したzineの作り方

zine(ジン)にはたくさんのジャンルや形があり、なんでも自由に作っていいとも言われています。とはいえ、初めてzineを作るのであれば、どんな形にしたらいいのか迷われる方も多いかと思います。

また、お得zineを作るのであれば、自分で作るか印刷会社に依頼するかを悩んでしまう方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、「zine」の意味や種類、自分で作るのか印刷会社に依頼するのかの判断基準についてもご紹介します。

「zine(ジン)」とは、個人もしくはグループが行った「自主的な出版活動」です。ジャンルや紙、製本方法などを問わないため、これだと定義するのが難しいのがzineです。

日本でなじみの深い「同人誌」もzineに含まれます。また「ミニコミ」「リトルプレス」「アートブック」などと呼ばれることもあります。

例えばアーティストが作る作品集や友だちに配るような愛犬の写真集もzineと言えるでしょう。だれにでも作れて、アートや文芸、マンガや旅行記などのさまざまなジャンルにおよび、無料での配布や有料で販売する場合もあるなどzineは多種多様です。

ZINEの起源は18世紀のアメリカと言われていますが、現在の出版形態に近いルーツとしては、20世紀前半のアメリカのSFファンたちの出版物「fan magazine(ファン・マガジン)」になるのではないでしょうか。「fan magazine(ファン・マガジン)」がそのうち短く「ZINE(ジン)」と呼ばれるようになったとされています。

1980年代から1990年代にかけてコピー機が普及し、パソコンを使える人も増えると、ZINEを作る人たちは一気に広がっていきました。1990年代以降にインターネットが普及すると、紙のZINEと同じものがインターネットでも発表されるようになります。また、ZINEは手配り中心の時代からインターネット経由でも手に入る時代へと変化してきました。

zine の最大の特徴は「自由」であることです。ホチキスや糸で留めた冊子のzine や、綴じずに紙を折っただけのzine、正方形や三角形などの変形した形のzineなど、作り手のアイデア次第でさまざまなzineが存在します。

そんな多種多様なzineですが、今回は4種類の形をご紹介します。

自由なzineの中でも、紙を半分に折り、真ん中をホチキスや糸で綴じた「冊子」の形がメジャーです。写真やイラストのアート系zine、小説や詩集などの文芸系zineのように、どんなジャンルでもまとめやすい形態です。

サイズはA4、B5、A6、B6とさまざまです。印刷会社で依頼するのであれば、「中綴じ製本」や「無線綴じ製本」を参考にしてみてください。

ペラっと壁新聞のような1枚の紙だけのzineもあります。「二つ折り」をしただけのzineや、「直角四つ折り」という2回だけ折ったzine、内側に折り込む「観音折り」のzineや、屏風のように3つに折って「外三つ折り」のzineなども1枚からできています。

また1枚の紙を折ることで、冊子の形のzineにすることもできます。1枚を「二つ折り」すると4ページ、「四つ折り」すると8ページ、「六つ折り」すると12ページの冊子になります。最後に折った山の部分をホチキスや糸などで綴じ、反対側の部分をカットするとパラパラとページがめくれるようになります。

1枚の紙から作るzineを印刷会社に依頼するには「ポスター印刷」や「チラシ印刷」、「折りパンフレット」などを参考にしてみてください。

手のひらに収まるくらいの大きさで、豆本のようなzineです。正方形の冊子だったり、三角形がジャバラに折られた形だったり、中身だけでなく見た目も個性的なzineも多くあります。

変形した形を印刷できる印刷会社は限られていますが、「カード印刷」や「名刺印刷」を利用するといいでしょう。

最後に糊で背を固めて冊子にしたり、穴をあけてリングに通したりしてまとめてみてはいかがでしょうか。

自身の世界観や、商品の背景をイメージさせるようなアート性が高く「1点もの」に近いzineもあります。

紙に刺しゅうをほどこしたり、イラストの形に切り抜いたりと創意工夫すればさまざまなzineを生み出せます。

全てを自分で作業するのはとても大変で難しく感じられるかもしれませんが、印刷は印刷会社に依頼してみると、もう少しハードルが下がるかもしれません。例えば印刷会社から届いた紙や冊子を、カッターでオリジナルの形に切り抜くだけで個性的なzineが出来上がります。

また印刷会社によっては、オリジナルの形に切り抜く「型抜き」や、角を丸くカットしてくれる「角丸」といったサービスもあるので利用してみてはいかがでしょうか。

zineを作るときに気になるのは費用かと思います。どんなzineを作るかによって費用は大きく変わってきますが、ここでは一般的な「冊子」での作成費用をご紹介します。
zineの印刷を印刷会社に依頼する目安を知るために、自分でzineを作成する場合と、印刷会社に依頼した場合で比較してみます。

まず「自分でzineを作成する場合」とは、ご自身でコンビニのコピー機を利用して印刷し、ホチキスで製本して完成させることを想定します。「印刷会社に依頼する場合」とは、zineのデザインまで自分で作成し、そのあとの印刷、製本といった工程を印刷会社に任せたことを想定します。

今回はどちらも下記の条件で1部作成した場合で比較してみます。

■サイズ:B5
■ページ数:16ページ
■部数:1部
■綴じ方
自分で作成:袋綴じ
印刷会社に依頼:中綴じ
■用紙
自分で作成:コピー用紙
印刷会社:上質紙90
※印刷会社の納期は7営業日です。

モノクロ印刷/1部 カラー印刷/1部
自分で作成 160円 800円
印刷会社に依頼 1,027円 1,533円

1部だけzineを作成するのであれば、自分で作成した方が安く仕上がりそうです。

ただし、コンビニコピー機はたくさんの部数を印刷しても1部当たりの費用は同じですが、印刷会社によっては印刷する部数が多くなればなるほど、1部当たりの費用が安くなることあります。

冊子製本キングではモノクロ印刷の場合、150部の印刷で1部当たり107円、300部だと1部当たり97円と部数が増えると単価が安くなります。

多部数のzineをコストを抑えつつきれいに印刷、製本したい場合は印刷会社に依頼するのがおすすめです。

zineを作る際に注意していただきたいのが「著作権」です。

「個人で作って無料で配布するなら気にしなくていいのでは」と思う方も多いのではないでしょうか。

家庭内や仕事以外の目的で使用する場合などは著作権を複製することができますが、著作権者の許諾を受けずに無断で販売するといった行為は著作権侵害にあたります。

例えば著作者の許諾を得ずに漫画やアニメのキャラクターをzine に掲載した場合、販売をすると著作権法にひっかかるので、自分だけのものとして作成する必要があります。その他にも著作権に関するルールは数多くあるので、自分のzineが著作権法にひっかからないか確認しておきましょう。

参考:著作物が自由に使える場合│文化庁

参考:著作物を無断で使うと?│公益社団法人著作権情報センター CRIC

ZINEに「『フリーイラスト』や『フリー素材』は自由につかっていいのでは」という考えの方がいらっしゃるかもしれません。

「フリー」と書いてあっても「自由に使っても良い」わけではありません。金銭を支払って許諾を得れば許諾の範囲内で使用できる「ロイヤリティフリー」の場合もあります。また、ZINEを販売するのであれば「商用利用」になります。商用利用を禁止しているサイトもあるので注意してください。

「フリーイラスト」や「フリー素材」のサイトの利用規約に、どのような場合は利用ができないかが書かれていますので、必ず確認するようにしてください。

ご自分のSNSの紹介のためなどに、有名アプリの「アイコン」をZINEに使用することがあるかもしれません。「アイコン」の画像データを使用する際にも注意が必要です。

ほとんどが商標登録されているので使用が許可されていても、使用方法はブランドごとに「ガイドライン」をもうけています。ブランドカラー以外の使用を禁止していたり、他の画像と重ねての使用を禁止していたりと、使用範囲が限られている場合があります。必ず使いたいアイコンの公式サイトでガイドラインを確認してください。

また使用するアイコンの画像データを、公式サイト以外から入手する際には注意が必要です。そのサイトが公式から許可を得ているとは限りませんし、その画像データが著作権を侵害している場合があります。必ず公式サイトからダウンロードするようにしましょう。

「zine(ジン)」は、個人もしくはグループが行った「自主的な出版活動」です。ジャンルも紙も製本方法などにも決まりはないため、これだと定義するのが難しいですが、zineの基準となるのは「自主的な」「一般的な新刊書店の本棚には並ばない」の2点になるでしょう。

少部数のzineを作成したい場合は自分で作成したほうが費用を抑えられますが、多部数のzineを作成する場合は、印刷会社に依頼したほうが費用が安く抑えられるうえに、きれいに印刷、製本されます。

こだわれば、どこまでもこだわることができるのがzineです。常識にとらわれず、あなたの好きなことを盛り込んだ、オリジナルのzineをぜひ作ってみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました!

“トップページに移動します”

冊子についてもっと見る ▶




会社概要[特定商取引法に関する表記][プライバシーポリシー][サービス利用規約][情報セキュリティ基本方針]