shohin_menu_title_del
冊子らくらく見積り
冊子製本キングスタッフ紹介
無料紙(色)見本のご請求

中綴じ製本
A4(210mm×297mm)
B5(182mm×257mm)
A5(148mm×210mm)
B6(128mm×182mm)
A6(105mm×148mm)

無線綴じ製本
A4(210mm×297mm)
B5(182mm×257mm)
A5(148mm×210mm)
B6(128mm×182mm)
A6(105mm×148mm)
ジャンルから選ぶ
一般企業の方
個人のお客さま
学校・教育関連の方

製本について
データ作成ガイド
PDFの変換方法
テンプレート一覧
冊子の作り方
冊子印刷価格表

初めての方へ
成人向け冊子の印刷について
冊子・製本のお役立ちコラム
掛け払いはじめました

営業日カレンダー
弊社運営サイト


台割の役割と作り方(テンプレートあり)

更新:2021年8月23日
コラム_台割

「台割(だいわり)」は、それぞれのページにどんな内容が入るのかを一覧にした冊子の設計図のようなものです。冊子の全体構成やレイアウトの整理や入稿データ作成時のミス防止のためのチェック表として使われます。この記事では、台割の活用方法と実際の作り方を説明します。

1. 台割とは

台割は、どのページにどんな内容を載せるかを割り振った表のことです。出版・印刷業界で使われている業界用語で「台割表」「ページ割」と呼ばれることもあります。台割はパンフレットや論文集などのように複数の人が作成に関わる場合の管理、同人誌などを印刷する際のページごとのチェックリストとして使われます。

厳密な決まりはありませんが、一般的には 8 ページ以上の冊子を作成する際に使用します。

出版・印刷業界では、台割と似た「割付(わりつけ)」という言葉もつかわれます。割付は、そのページ内のレイアウトや文字の配置などを示したものです。カタログや雑誌などを作る際に、ページ内の文字や写真・イラストなどの配置を決めるために作られることが多いです。

2. 台割の役割

台割は印刷時の落丁や乱丁などを事前に防ぐために使われるほか、コンテンツをページごとに割り振ったりする際にも使用できます。台割が役に立つ場面には以下のようなものがあります。

  • 雑誌・カタログ・詩集など複数人で冊子製作を進める場合に誰がどのページを担当するか、またどの企画をどのページに掲載するかなどの割り振り
  • 作成予定のページのうちどこまで制作したか進捗状況を確認
  • 各ページの配置や綴じたときの見え方を確認
  • 原稿のレイアウト調整や載せる画像の選択
  • 印刷色をカラーとモノクロで分ける場合の該当ページの確認

入稿時で台割が役立つ場面

  • 見開きで見せたいページがきちんと見開きになっているかの確認
  • ページの割り振りや印刷順序に間違いがないかの確認
  • 中綴じ冊子を作る場合、総ページ数が 4 の倍数になっているかの確認
  • 表示や本文などに使用する用紙や加工オプションの指定漏れ、間違いがないかの確認

3. 台割に必要な情報と作成方法

台割はページ内容や担当者、印刷の仕様に関する情報を盛り込むのが一般的です。作りたい冊子に合わせて、適宜情報を調整するとよいでしょう。

  • 通し番号(表紙・裏表紙や印刷なしの白ページ(遊び紙)も含めたページ数)
  • ノンブル(本文ページの下部などに打つページ番号)
  • ページ内容
  • 印刷用紙の種類
  • 印刷色数の指定(フルカラー/モノクロ/混在印刷)
  • オプション加工(PP 加工など)
  • (複数人で作業する場合)担当者名

また、複数人で制作する場合にはページごとの担当者のほかにそれぞれの〆切などを併せて入力しておくと制作の進行が管理しやすくなります。

4. 台割の種類と活用方法

台割には、主にイラストや図を用いて作成する見開き図タイプと、表形式で作成する表タイプがあります。見開き図タイプの台割と表タイプの台割は、冊子のページ数によって使い分けると使用しやすいです。ページ数が少ない場合は、冊子の全体像がイメージしやすい見開き図タイプの台割が便利です。ページ数が多い場合は、表タイプでの管理がおすすめです。
当社でも台割のテンプレート(表タイプ)をご用意しておりますので、ダウンロードしてご利用ください。

台割テンプレートをダウンロード

最後までご覧いただきありがとうございました!

“トップページに移動します”

冊子についてもっと見る ▶


会社概要[特定商取引法に関する表記][プライバシーポリシー][サービス利用規約][情報セキュリティ基本方針]