shohin_menu_title_del
冊子らくらく見積り
冊子製本キングスタッフ紹介
無料紙(色)見本のご請求
綴じ方から選ぶ
中綴じ製本

A4(210mm×297mm)
B5(182mm×257mm)
A5(148mm×210mm)
B6(128mm×182mm)
A6(105mm×148mm)

無線綴じ製本

A4(210mm×297mm)
B5(182mm×257mm)
A5(148mm×210mm)
B6(128mm×182mm)
A6(105mm×148mm)
ジャンルから選ぶ
一般企業の方
個人のお客さま
学校・教育関連の方

ご利用ガイド
製本について
データ作成ガイド
PDFの変換方法
テンプレート一覧
冊子の作り方
初めての方へ
成人向け冊子の印刷について
冊子・製本のお役立ちコラム
掛け払いはじめました

営業日カレンダー
弊社運営サイト


冊子とは?

更新:2020年6月24日
コラム_冊子とは

冊子という言葉を何となく使っている人も多いかもしれませんが、明確な定義をご存じですか?冊子と一言で言っても、内容や用途などさまざまな種類があります。そこで、製本方法やサイズ、用紙といった基本的な知識をご紹介します。冊子を作る際の参考にしてみてください ね。

冊子とは、表紙や本文といった印刷物を綴じたもののことをいいます。厳密には、和風のものを冊子、洋風のものを本と呼ぶこともあるようです。 また似た意味の単語に「小冊子」というものがありますが、これは5 ページから48 ページまでの冊子のことをいいます。4 ページ以下のものは冊子ではなくリーフレットという扱いになります。

ページについて

冊子のページの数え方は、表紙が1 ページ目、表紙の裏面が2 ページ目、本文の始まりにあたるページを3 ページ目と数えます。本文の最終ページ、裏表紙の裏面、裏表紙と数えていき、裏表紙が最後のページとなります。 冊子を作る際は、表紙や裏表紙を含めたページ数を考えなければいけません。

ページの数え方をイラストで確認する

冊子のサイズについて

冊子にはさまざまサイズのものがあり、用途によってサイズを使い分けることができます。A4(210mm×297mm)サイズは、報告書や写真集などによく使われる、B5(182mm×257mm)サイズはA4より少し小さいサイズで週刊誌や雑誌などで使われています。

A5(148mm×210mm)サイズはA4の半分の大きさで、教科書などによく使われています。B6は単行本、A6は文庫本がおすすめです。他にも新書本に使われる新書版やフリーペーパーに使われるタブロイド判、新聞に使われるブランケット版などさまざまなサイズがあります。

冊子サイズ比較

冊子を作る際には、製本方法に種類があることを知っておく必要があります。中でも一般的な綴じ方である無線綴じと中綴じについてご紹介します。

無線綴じ

無線綴じとは、冊子にしたいページを順番に重ねていき、背表紙部分を糊で綴じて表紙で包む製本方法です。背表紙部分に糊付けできるようなある程度の面積が必要なので、ページ数が多い冊子に向いています。 例えば、漫画本や問題集、商品カタログといった冊子で無線綴じが使われています。

無線綴じの冊子は、ページを開いたときに境目の部分まで完全に見開くことができません。レイアウトによっては背表紙側が見えにくくなってしまうため、作成するときには背表紙部分から離して本文や図を挿入する必要があります。

無線綴じ
無線綴じ

無線綴じのおすすめの活用方法

会社・学校案内
作品集
無線綴じ A4
本文150ページ
企画書
情報誌
無線綴じ A5
本文200ページ
パンフレット
カタログ
無線綴じ B5
本文250ページ

中綴じ

見開いた状態の紙を二つ折りにし、見開いた際の真ん中を針金で綴じるやり方を中綴じといいます。無線綴じとは違って、ページ順に用紙を重ねていくわけではないため、印刷するときから順番を考えてページ数を振る必要があります。 一枚の用紙で4 ページ分となるため、冊子全体のページ数は必ず4 の倍数になるという制限があります。

真ん中を綴じられる程度の薄めの冊子に向いており、雑誌などによく使われている方法です。完全に見開くことができるので、写真を大きくレイアウトしたいときにおすすめの綴じ方です。

中綴じ
中綴じ

中綴じのおすすめの活用方法

会社・学校案内
会社・学校案内
中綴じ B5
本文36ページ
企画書
企画書
中綴じ A4
本文12ページ
パンフレット
パンフレット
中綴じ A5
本文16ページ

冊子を作成する際には、用途や内容、製本方法によって用紙の種類を使い分けます。用紙の種類についての特徴をご紹介します。

上質紙

上質紙とはコピー用紙に近い用紙であり、きめが細かいのが特徴です。ツヤのある用紙とは違って、落ち着いた雰囲気に仕上がります。視認性に優れているため論文や文集といった書籍によく使用されています。

上質紙の写真

コート紙

コート紙とはパンフレットなどでよく使われているツヤのある用紙のことをいいます。ツヤはありますが、インクジェット紙のような素材ではなくしっとりとした触り心地なのが特徴です。 発色が良く、写真を使用する場合におすすめです。

コート紙の写真

マット紙

マット紙はコート紙とは逆の性質を持っており、光沢が抑えられた用紙です。光沢のある用紙は反射でちらつくこともありますが、マット紙はそのようなことがほとんどありません。 上質紙よりも発色や視認性が良いのが特徴であり、文字を使う冊子によく使用されています。

マットコート紙の写真

b7バルキー

b7 バルキーとは、書籍用に使われる一般的な用紙です。柔らかい紙質とザラザラとした表面が特徴で、ペンでの書き込みをしやすい用紙になっています。 雑誌や書籍、問題集など、直接書き込むような冊子によく使われています。

b7バルキーの写真

ラフクリーム

ラフクリームは、文字通り淡い黄色の見た目をしている用紙です。手触りが柔らかく、ページ数の多い冊子に使用しても軽く仕上げることができます。 保存性に優れているため、文庫本や記念誌など、長期的に保存したいような冊子におすすめです。

ラフクリームの写真

アイベスト

アイベストは少し光沢のある用紙であり、厚みもあることから表紙や名刺などによく使われています。色彩も豊なので写真を使う冊子におすすめです。

アイベストの写真

さまざまな種類の冊子がありますが、その中でもパンフレットとカタログ、報告書におすすめの仕様をご紹介します。

パンフレット

旅行や企業の製品紹介などでも使われるパンフレットは、大きめのA4サイズがおすすめです。ページ数が少ない場合は製本方法を中綴じに設定します。コート紙90kg、16ページで1部1,548円からとなっています。

カタログ

ファッションや食べ物家具など幅広い分野で使われるカタログは、カタログを見て買ってもらうことが目的なので見やすさが重要です。薄手のものは中綴じ、分厚いものは無線綴じがおすすめです。無線綴じのA4サイズで注文した場合、両面カラーのコート紙110kgで1部1,233円からとなっています。

報告書

報告書は文量が多い場合が多いため、分厚いものを綴じられる無線綴じがおすすめです。モノクロの上質紙90kg使用し、100ページで1部959円からとなっています。

印刷の方法には、オンデマンド印刷とオフセット印刷の二種類があります。それぞれの特徴をご紹介します。

オフセット印刷

オフセット印刷とは版を使う方法のことをいい、版と用紙が触れないことからこの呼び名がつきました。品質が高い代わりに、版が必要なので費用もかかってしまいます。版を作ること自体に費用がかかるため、大量に部数を印刷する場合におすすめの方法です。

オンデマンド印刷

版を作る必要があるオフセット印刷に対して、オンデマンド印刷は版を作る必要がありません。高性能のプリンターを使って必要な分だけを印刷することができます。原稿さえあればいいため、部数が少ない場合におすすめです。

冊子についての知識をご紹介してきましたが、他にも知っておきたい用語があります。いざ冊子を作成するとなったときに困ることのないよう、前もって知識を身に付けておきましょう。

背幅

製本方法を無線綴じにする場合、本文を表紙で包むことで背表紙ができます。背表紙の幅のことを背幅といいます。背表紙に文字を入れる場合は、背幅を考慮した上でデザインする必要があります。 一般的には「本文のページ数÷2× 紙の厚み+表紙の紙の厚み×2」の式で計算することができます。

ノンブル

ノンブルとは、冊子の下の方に記載されているページ番号のことをいいます。講義で使うテキストや説明書などの資料を作成する際は必ずノンブルが必要です。 読む人にとってもページ数や目次の役割を果たしてくれますが、印刷会社にとってもページ数間違いをしないために大切な意味合いがあります。

台割

冊子を作る際には全体のページ数や内容、構成などを考える必要がありますが、その構成のことを台割といいます。ページ数が多くても少なくても台割が決まらなければ冊子作りは進みません。

面付け

印刷した用紙をページ順に並べるだけで良い無線綴じに対して、中綴じではページ順に並べるわけではありません。見開きの用紙を重ねていって真ん中で綴じるやり方なので、ページの組み合わせを考えることを面付けといいます。これを間違えてしまうと、ページ数がバラバラになってしまうため注意が必要です。

冊子にはさまざまな種類があり、用途によって使い分けることができるということが分かりました。冊子の定義や製本方法の違い、ページ数やサイズなど、冊子を作る際に知っておきたい知識をご紹介してきました。冊子を作る際にはぜひ参考にしてみてください。

ノンブルの役割

制作を検討中の方におすすめ!

冊子製本キングでは冊子をできるだけ安く印刷・製本されたい方にお得なサービスを多数ご提供しております。中綴じ、無線綴じの製本が1 部595 円から、最短3営業日で作成可能!
新サービス「らくらく注文」でどのくらいの価格で作れるか調べてみましょう!

らくらく見積り

最後までご覧いただきありがとうございました!

“トップページに移動します”

冊子についてもっと見る ▶


[おすすめ商品]

[商品一覧]


[カテゴリーリスト]



会社概要[特定商取引法に関する表記][プライバシーポリシー][サービス利用規約][情報セキュリティ基本方針]