shohin_menu_title_del
冊子らくらく見積り
冊子製本キングの制作事例
無料紙(色)見本のご請求

中綴じ製本
A4(210mm×297mm)
B5(182mm×257mm)
A5(148mm×210mm)
B6(128mm×182mm)
A6(105mm×148mm)

無線綴じ製本
A4(210mm×297mm)
B5(182mm×257mm)
A5(148mm×210mm)
B6(128mm×182mm)
A6(105mm×148mm)
ジャンルから選ぶ
一般企業の方
個人のお客さま
学校・教育関連の方

小ロットの冊子印刷
小ロット中綴じ
小ロット無線綴じ
製本について
データ作成ガイド
PDFの変換方法
テンプレート一覧
冊子の作り方
冊子印刷価格表

初めての方へ
成人向け冊子の印刷について
冊子・製本のお役立ちコラム
掛け払いはじめました
冊子製本キングスタッフ紹介

営業日カレンダー
弊社運営サイト


用紙サイズをご紹介

用紙サイズをご紹介

印刷用紙のサイズにはA判やB判といった規格があります。B判はA判よりサイズが大きいです。A4とB4など同じ数字のサイズで比較すると、B判の面積はA判の約1.5倍あります。

この記事では一般的に使われることが多いA判とB判、写真用紙などの特殊規格用紙のサイズと一般的な用途を紹介します。

一般的に使われる用紙のサイズとして使われるサイズはA判とB判です。

A判は国際標準規格で定められた規格で、B判は江戸時代に公用紙であった美濃紙がもとになった規格で、日本・台湾・中国などで使われているサイズです。

A判・B判どちらも、短辺と長編の比率が白銀比のルート長方形(1:√2)です。ルート長方形は何回半分にしても同じ長方形になります。

A判は世界標準規格として使われ、日本でもビジネス用途の資料はA判が一般的です。

サイズ(mm) 面積 一般的な用途
A0 841×1189 1 大きなポスター
駅や大きな展示場用のポスター、学校用の学習目的ポスターにも使われます。
A1 594×841 A0の半分 ポスター、建築の図面
新聞を広げた程度の大きさの用紙です。ポスター、建築の図面等に使われます。
A2 420×594 A1の半分 小さめのポスター、カレンダー
新聞1面程度の大きさの用紙です。小さめの室内に展示しやすい大きさで、目の前にいる人に内容を読んでもらうのに適しています。
A3 297×420 A2の半分 コピー用紙、選挙ポスター
持ち運びに便利で面積がA4サイズの2倍のため、情報量が多い資料によく使われます。
A4 210×297 A3の半分 コピー用紙、大学ノート
片手でも扱いやすい大きさで、ビジネス用途の資料、学校のお知らせ、広告チラシなど、日常的によく目にするサイズです。
A5 148×210 A4の半分 教科書、参考書、手帳
かばんにスッと入って持ち運びに便利な大きさです。頻繁に持ち運ばれる教科書、手帳などによく使われます。
A6 105×148 A5の半分 文庫本
一般的な文庫本に使われるサイズです。
A7 74×105 A6の半分 ワイシャツの胸ポケットに入る程度の小型のメモ帳
ポケットに入れられる程度のサイズ感で、ポケットティッシュに同梱されている広告によく使われています。
A8 52×74 A7の半分 一般的な名刺よりも小さく、印刷物としてはあまり使われない小さなサイズです。
A9 37×52 A8の半分 印刷物としてはあまり使われない小さなサイズです。
A10 26×37 A9の半分 印刷物としてはあまり使われない小さなサイズです。

B判は電車の車内広告などのサイズとして採用されています。日本では他にも原稿用紙や漫画・文庫本のサイズにもB判が使われています。

サイズ(mm) 面積 一般的な用途
B0 1030×1456 1.5 研究発表などの大判ポスター
展示会や研究発表などのポスターとして使用されるサイズです。
B1 728×1030 B0の半分 ポスターや地図
駅に掲示されている広告ポスターのサイズとしてよく使われます。
B2 515×728 B1の半分 大型チラシ
2つ折りで新聞に挟まっている大型チラシにつかわれるサイズです。
B3 364×515 B2の半分 電車の車内吊りポスター
電車の車内広告はB判を基調に作られています。新聞の折り込み広告にも使われるサイズです。
B4 257×364 B3の半分 原稿用紙、履歴書原稿用紙、履歴書、賞状などで使われる大きさです。
B5 182×257 B4の半分 大学ノート、雑誌、カタログ
かばんに入れやすいサイズで、学校で使用するノートやプリント、週刊誌などで利用されています。
B6 128×182 B5の半分 漫画や文学の単行本
文字ベースの単行本や漫画のコミック等でよく使われています。
B7 91×128 B6の半分 パスポート、店頭ポップ
パスポートの大きさで、店頭ポップでよく見かけるサイズです。
B8 64×91 B7の半分 店頭ポップ、ショップカード
店頭ポップ、小さめのちらしなどに使われています。
B9 45×64 B8の半分 印刷物としてはあまり使われない小さなサイズです。
B10 32×45 B9の半分 印刷物としてはほとんど使われない小さなサイズです。

写真や名刺などサイズが小さい用途や画用紙などはA判やB判以外の規格が使われています。

写真店などで写真をプリントする時には、下記表にあるようなサイズが一般的に使用されます。

きれいな仕上がりの写真にするために、サイズをもとに画像比率なども確認しましょう。
使用する用紙と画像データの画像比率が異なると、縦方向か横方向のどちらかにだけに余白が多く出てしまうためです。

日本で販売されている一般的な画用紙の全紙(全判)は、四六判といわれるサイズ(788×1091mm)を基準に作られています。四六判以外にも菊判やハトロン判など全判の規格は複数あるため、どの規格の全紙を裁断するかで同じ4切サイズの画用紙でも大きさが異なります。

標準規格と画用紙のサイズをそろえたい場合は、縦と横の長さを確認し近いサイズの用紙を選ぶことが必要です。

はがきのサイズは148×100mmとA6サイズくらいの大きさになります。日本で使われている名刺は、55×91mmが標準サイズです。A判・B判で日本の名刺の標準規格サイズに一番近いのはB8です。また欧米諸国では、日本の標準サイズよりも小さい51×89mmなどが使われています。名刺のサイズは国ごとに異なります。




会社概要[特定商取引法に関する表記][プライバシーポリシー][サービス利用規約][情報セキュリティ基本方針]