shohin_menu_title_del
冊子らくらく見積り
冊子製本キングの制作事例
無料紙(色)見本のご請求

中綴じ製本
A4(210mm×297mm)
B5(182mm×257mm)
A5(148mm×210mm)
B6(128mm×182mm)
A6(105mm×148mm)

無線綴じ製本
A4(210mm×297mm)
B5(182mm×257mm)
A5(148mm×210mm)
B6(128mm×182mm)
A6(105mm×148mm)
ジャンルから選ぶ
一般企業の方
個人のお客さま
学校・教育関連の方

小ロットの冊子印刷
小ロット中綴じ
小ロット無線綴じ
製本について
データ作成ガイド
PDFの変換方法
テンプレート一覧
冊子の作り方
冊子印刷価格表

初めての方へ
成人向け冊子の印刷について
冊子・製本のお役立ちコラム
掛け払いはじめました
冊子製本キングスタッフ紹介

営業日カレンダー
弊社運営サイト


並製本とは?上製本との違いも含め解説

並製本とは?

並製本はソフトカバーとも呼ばれます。表示に柔軟性のある用紙を使い、本文用紙を一緒に閉じる製本方法です。上製本(ハードカバー)と比較して、表紙に使う用紙の材料費が安く、製本工程も少ないため同じ条件で製本した場合、コストを抑えやすいです。文庫や新書などの用途で利用されています。

並製本は、19世紀ヨーロッパの書店で仮の表紙として使われていたものがルーツと言われています。当時はページの脱落や開きづらさなどが問題でしたが、接着剤の性能が向上し、上製本よりも多くの本に使われるようになった製本方法です。

並製本の特徴は、ページ数によって選べる綴じ方が豊富なことです。雑誌や文庫本、出先での使用や配布を想定したパンフレットなどの用途で使われます。
針金で綴じる中綴じや、接着剤で綴じる無線綴じ、糸で綴じる糸がかり綴じなどを使用できます。また並製本の表紙は上製本のような硬い厚紙ではなく、本文用紙よりも少し厚めの1mm程度の用紙です。表紙に厚みがなく軽量で持ち運びやすい仕様になります。

●用途例
週刊誌や雑誌、新書、文庫本、テキスト、パンフレットなど

並製本は、本文用紙と表紙で作られています。上製本でよくつかわれる見返し、スピン(しおりとして使う平織りのひも)のようなパーツは本の見た目を変えたい場合に、オプションのような形で追加されます。
並製本の各部分は、一般的な本に共通する以下のような呼ばれ方をしています。

・並製本の各部名称

名称 意味
表紙用紙を綴じた箇所を表紙で覆った部分。ノドの外側に面している部分
ひら 表紙の平らな部分
本を立てたときに上になる部分
本を立てたときに下になる部分
小口 本を開いたときの外側の両端の部分
ノド 本を見開きにしたときの綴じ部分
カバー 本の表紙に巻く用紙。表紙の傷みや汚れの防止目的で使われ、本の「顔」としての役割も持つ。
見返し 表紙の内側に貼り付けて、表紙と本文用紙をつなぐ紙。並製本では必須ではなく、オプションとして採用されることがある。
本文用紙より上質の紙を別刷りし、書名・著者名・出版社名などを印刷して本文用紙の前に入れる紙。必須ではない。
スピン 背表紙の上などに糊付けされる紐のこと。しおりとして使われる。必須ではない。

上製本は、本文用紙を接着剤や糸などで綴じたあとに、厚紙でできた表紙を使って包んだ冊子です。ハードカバーとも呼ばれています。並製本とは、表紙の厚み、装飾しやすさ、価格・納期などが違います。

・並製本と上製本の特徴比較

並製本 上製本
価格
耐久性・保存性
軽さ・開きやすさ
装飾しやすさ
表紙の厚み 1mm前後 3mm前後
ページ数 8ページ~500ページ 24ページ~500ページ
使用例 新書、文庫本、カタログ、同人誌など 小説、絵本、記念誌、写真集、論文など
使用できない綴じ方 なし 中綴じなど
※ページ数が少ないものに使う綴じ方

製本にかかる費用は並製本の方が安いです。並製本は本文用紙と表紙を同時に綴ることができるのに対し、上製本には表紙をつける工程が必要です。上製本は一般的にボール紙で表紙を作成し、本文用紙を綴じた上で、見返しを使いつなぎます。

表紙の製作工程があるため、製本時の材料費など費用がかかりやすいです。並製本よりも1冊あたりの単価がおおよそ1.5倍程度高く、納期も長くなります。

装飾できるパーツは並製本よりも上製本が多いです。たとえば、表紙と本文用紙を後からつなぎ合わせる製本方法であるため、ボール紙にレザークロスを張り合わせるなど、並製本よりも装飾できます。

並製本と比べ、上製本の表紙は硬く厚みがあります。本文用紙よりも3mm程度厚いボール紙を使うため、本文用紙を保護しやすく耐久性にも優れています。

並製本の印刷から製本まで1冊1,000円〜5,000円で依頼できます。価格はページ数や印刷部数、カラー印刷の使用、納期などの組み合わせでかわります。

並製本の冊子を表紙と本文用紙をどちらもモノクロ印刷する場合は、ページが100ページ増えるごとに1,000円ほど価格が上がります。

同じページ数の冊子を、表紙と本文用紙ともにカラー印刷で印刷した場合には、モノクロ印刷と比較して1.5倍~2倍程度の費用が必要です。

・並製本1冊あたりの価格

50ページ 100ページ 300ページ 500ページ
モノクロ印刷 764円 1,009円 2,566円 3,549円
カラー印刷 1,187円 1,892円 5,288円 8,110円

製本印刷では、印刷部数が多くなると単価が安くなります。印刷部数が10部をこえると、1冊のみの印刷と比較して30%ほど単価が安くなります。

・並製本1冊あたりの単価

1部 10部 20部 30部
1,009円 650円 606円 591円

最後までご覧いただきありがとうございました!

“トップページに移動します”

冊子についてもっと見る ▶




会社概要[特定商取引法に関する表記][プライバシーポリシー][サービス利用規約][情報セキュリティ基本方針]