shohin_menu_title_del
冊子らくらく見積り
冊子製本キングの制作事例
無料紙(色)見本のご請求

中綴じ製本
A4(210mm×297mm)
B5(182mm×257mm)
A5(148mm×210mm)
B6(128mm×182mm)
A6(105mm×148mm)

無線綴じ製本
A4(210mm×297mm)
B5(182mm×257mm)
A5(148mm×210mm)
B6(128mm×182mm)
A6(105mm×148mm)
ジャンルから選ぶ
一般企業の方
個人のお客さま
学校・教育関連の方

小ロットの冊子印刷
小ロット中綴じ
小ロット無線綴じ
製本について
データ作成ガイド
PDFの変換方法
テンプレート一覧
冊子の作り方
冊子印刷価格表

初めての方へ
成人向け冊子の印刷について
冊子・製本のお役立ちコラム
掛け払いはじめました
冊子製本キングスタッフ紹介

営業日カレンダー
弊社運営サイト


PDFファイルを安く印刷する方法とは?

PDFファイルを安く印刷する方法とは?

取扱い説明書や問題集など印刷したいデータのページ数が多い場合、家庭用プリンターだとインクを多く使ってしまいます。家庭用プリンターをもっていない場合でも、コンビニなどに設置しているプリンターで印刷するといった方法がありますが、どれくらいのコストがかかるのでしょうか。

今回は、PDFファイルを印刷できる場所とその方法、家庭用プリンターで印刷する場合のコスト、大量に印刷する際のコストパフォーマンスのいい方法をお伝えします。

PDFファイルは、コンビニや100円均一、プリントショップなどで印刷ができます。それぞれの印刷方法と値段、メリット・デメリットを確認しましょう。

自宅の家庭用プリンター以外でPDFファイルを印刷する場合、身近な選択肢の一つがコンビニです。コンビニ店頭のマルチコピー機を使って印刷を行います。

方法 値段 メリット デメリット
USB・SD 店頭のマルチコピー機に、PDFファイルを入れたUSB・SDを挿入する モノクロ/全サイズ1枚→10円
カラー/B5・A4・B4→1枚50円、A3→1枚80円
安価 USBかSDが必要
アプリ スマホにアプリをダウンロードし、Wi-Fiを使ってマルチコピー機にPDFファイルを送信する モノクロ/全サイズ1枚→10円
カラー/B5・A4・B4→1枚50円、A3→1枚80円
安価 アプリの事前ダウンロードと、マルチコピー機の前でデータ送信する時間と手間が必要
ネットプリント(ネットワークプリント) ネットプリント(ネットワークプリント)サービスにPDFをアップロードしておき、印刷を予約
店頭のマルチコピー機に番号を入力する
モノクロ/全サイズ1枚→20円
カラー/B5・A4・B4→1枚60円、A3→1枚100円
事前に印刷依頼ができるので、マルチコピー機の前で手間取らない やや割高

100円均一にもマルチコピー機が置かれていることがあります。店舗によって設置されていないこともあるので、店舗に向かう前に確認しておくとよいでしょう。

方法 値段 メリット デメリット
USB・SD 店頭のマルチコピー機に、PDFファイルを入れたUSB・SDを挿入する モノクロ/全サイズ1枚→10円
カラー/B5・A4・B4→1枚50円、A3→1枚80円
安価 USBかSDが必要
ケーブル マルチコピー機のケーブルにスマホ・タブレットを繋ぎ、PDFファイルを読み込む モノクロ/全サイズ1枚→10円
カラー/B5・A4・B4→1枚50円、A3→1枚80円
安価 アプリの事前ダウンロードと、マルチコピー機の前でデータ送信する時間と手間が必要
ブラウザかアプリ WEBサイト・アプリからPDFをアップロードしておき、印刷を予約
店頭のマルチコピー機に番号を入力する。
モノクロ/全サイズ1枚→20円
カラー/B5・A4・B4→1枚60円、A3→1枚100円
事前に印刷依頼ができるので、マルチコピー機の前で手間取らない やや割高
会員登録が必要

セルフ印刷ができるプリントショップでもPDFを印刷できますが、コンビニや100円均一よりも店舗数が少なく利用できるシーンは限られてしまいます。まずは利用できる距離にプリントショップがあるかどうかチェックしてみてください。

方法 値段 メリット デメリット
USB 店頭のプリンターに、PDFファイルを入れたUSBを挿入する モノクロ/全サイズ1枚→7〜10円
カラー/B5・A4・B4→1枚31〜46円、A3→1枚62〜92円
安価 割引価格で利用したい場合は、会員登録が必要
PCレンタル・セルフ印刷 プリントショップのレンタルPCでデータ編集後、その場で印刷する PCレンタル代0〜330円(最初の20分までの料金)
モノクロ/全サイズ1枚→7〜9円
カラー/B5・A4・B4→1枚31〜41円、A3→1枚62〜83円
印刷前に編集ができる 会員登録が必要

コンビニと100円均一、プリントショップを比較すると、プリントショップで会員登録を行なった後にPDFの印刷を行うのがコストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。

続いて、先ほどご紹介したコンビニや100円均一、プリントショップでの印刷と、家庭用プリンターで印刷した場合の価格を比較します。

家庭用プリンターで印刷を行う場合は、本体価格に加えて、インクや用紙の値段を考慮する必要があります。

プリンター本体は、1万円程度のリーズナブルなものから10万円程度の上位機種まで幅広く販売されています。

インクもカートリッジの型によって幅広い価格帯のものがあり、3,000〜5,000円程度のものがポピュラーです。カラーでA4/1部を印刷する場合は 4〜16円、モノクロでA4/1部を印刷する場合は1〜5円のインク代がかかると言われています。

この記事では、以下の通りに価格を仮定し、家庭用プリンターで印刷した場合のコストを考えてみます。

プリンター本体:20,000円
用紙代:500円(A4/500枚入り)
家庭用プリンターでモノクロ/A4/1部を印刷する場合のインク代:3円
家庭用プリンターでカラー/A4/1部を印刷する場合のインク代:10円

コンビニや100円均一、プリントショップでモノクロ/A4/1部を印刷する場合のインク代:10円
コンビニや100円均一、プリントショップでカラー/A4/1部を印刷する場合のインク代:50円

家庭用プリンターの方が安いように思えますが、上記の表は印刷代だけなので機種代と用紙代も加えて考える必要があります。ランニングコストを考えると、基本的にコンビニや100円均一、プリントショップでの印刷が安いでしょう。

家庭用プリンターは、期間を空けて使用する場合はクリーニングを行う必要があり、使用期限を超えたインクは交換しなければなりません。場合によってはメンテナンスや修理も必要です。必要なタイミングですぐに印刷できるのは家庭用プリンターの大きな魅力ですが、頻繁に印刷を行うのでなければコンビニや100円均一、プリントショップを利用するといいでしょう。

同じデータを複数の部数印刷したい場合は、製本まで行ってくれる印刷会社に依頼するのも選択肢のひとつです。

マルチコピー機では、一度に印刷できる最大ページ数が定められていることもあります。また、マルチコピー機を長時間占領することになるので、他のお客さんに気兼ねしながら使うことになります。

また、コンビニや100均のマルチコピー機、プリントショップでの印刷は、印刷後の大量の紙を抱えて帰らなければなりません。

印刷する量が多く、最終的に冊子の形にしたい場合は、印刷会社に依頼するのも一つの方法です。基本的に1部からでも依頼可能で、見栄え良く製本して送付してくれます。

例えば、冊子製本キングで以下のような冊子を作ると仮定します。

この仕様で製本した場合、納期と部数によって以下のように値段が変わります。

表の通り、部数が多く納期に余裕があるほど価格は安価になります。マルチコピー機で印刷した場合、10円×100枚となり1部1,000円かかります。7営業日での納品でも構わない場合、マルチコピー機を使って印刷した値段よりもリーズナブルです。

カラー印刷の場合も見てみましょう。
同じく冊子印刷キングで以下のような冊子を作ると仮定します。

この仕様で製本した場合、納期と部数によって以下のように値段が変わります。

マルチコピー機で印刷した場合、印刷だけで50円×50枚となり1部2,500円かかるのに対し、印刷会社だと1部1,127円からで製本までしてくれます。
多くの印刷会社では、WEBで見積もりをとることができます。依頼を検討する際は、印刷したい枚数やモノクロ・カラー、用紙や納期を入力して値段を確認してみましょう。

印刷会社によって入稿方法は異なり、納期から逆算して印刷データを作成する必要もあります。PDFの解像度やフォントの埋め込みについて指示があるケースもあるので、あらかじめ印刷会社のサイトで注意事項を読んでおくことが大切です。

最後までご覧いただきありがとうございました!

“トップページに移動します”

冊子についてもっと見る ▶




会社概要[特定商取引法に関する表記][プライバシーポリシー][サービス利用規約][情報セキュリティ基本方針]